2. モンテネグロリーグ トップニュース

Игор Луковァцとポドゴリツァ:誰も彼らを信じていなかったが、彼らはシーズンのセンセーションとなりました。

今年の夏、48歳のモンテネグロ出身のサッカーコーチ、イゴル・ルコヴァツがポドゴリツァのチームを引き継ぎました。サッカーコミュニティの大部分は、クラブ内の人々と彼以外はこのチームに信じていませんでした。ポドゴリツァは既にリーグからの降格の主要候補か、せいぜいリーグ残留争いのチームとして見られていました。

 

しかし、期待に反して事態は全く逆に進展しました。ポドゴリツァはモンテネグロのセカンドリーグで本当のセンセーションとなりました。このチームは卓越した攻撃的なサッカーをプレーし、そのパフォーマンスと成績で注目を集めています。

最後の試合では、イスクラに対して21歳以下のボーナス選手がなんと13人も登録されていました。そのうち6人が試合に先発し、8人が試合を終えました。これらの選手のほとんどはポドゴリツァのユースアカデミーの育成選手です。

 

ポドゴリツァの経営陣が賢明な決断を下したのは、昨年ユースチームで優勝したコーチに対する信頼を寄せ、同じ選手たちと一緒にトップチームでの仕事を続けさせたことでした。

ポドゴリツァは現在、31ポイントでリーグの2位を維持しています。このチームは32ゴールを挙げ、わずか14失点しています。

イゴル・ルコヴァツはUEFAの「PRO」ライセンスを持ち、ブルガリアのCSKAでサシャ・イリッチの指導のもとで研修を行いました。

 

 

2014年から2018年まで、ルコヴァツはFKブドゥチノストのカデットチームのコーチを務めていました。2018年には、ポドゴリツァのクラブの会長であるトミスラヴ・チェレビッチの招待を受け、FKポドゴリツァのユースアカデミーコーディネーターの職を引き受け、若手選手の育成に取り組み続けました。

2022/23シーズンは、ルコヴァツにとって非常に重要なシーズンで、ポドゴリツァのチームでモンテネグロのユースチャンピオンのタイトルを獲得しました。2023年の夏には、ポドゴリツァのトップチームの指導を引き継ぎました。

ポドゴリツァはユースナショナルチーム代表4人とリーグのトップスコアラーを誇ります。このチームのリーダーとして、アンジェルコ・ヨヴァノヴィッチは、わずか24歳でありながらも際立っています。

また、ポドゴリツァはモンテネグロのユースナショナルチーム代表を含む4人の選手を誇ります。その中にはバルシャ・ムルヴァリェヴィッチ、ペタル・ボビチッチ、そしてマルコとミロシュの兄弟であるヴラチャルも含まれます。

タケル・コミヤは現在、セカンドリーグのトップスコアラーとして13ゴールを挙げており、彼の今シーズンはモンテネグロに来て以来の最高のパフォーマンスとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です